So-net無料ブログ作成

ボツ曲 [音楽いろいろ]

あら、久しぶりになってしまいました。すいません。
バテていてやる気が湧いてこなかったこともありますがボツ曲になったことで意気消沈でした。
例の某教室用のアレンジです。
ソングバード
初級者には難しかったのですねぇ。
この人はケニー・GのCDが易しそうな曲に思えたんですね。
どう難しかったのか・・・
正直、私もこんなに難しい曲だとは思いませんでした。
まず演奏の仕方です。
テンポがとても取りにくいのです。「間」が難しいというか。
下は曲のスタートです。
敢えてカウントを入れていました。
 
どうでしょう。
やさしそうですがテンポは速いのです。
ドラムやベースはゆったりとしているために演奏するのが難しいのですね。
それに細かい音のピアノが邪魔というか。
下は自慢のアドリブのところです。
これが捨てがたいので我がバンド用にしようと思っているわけです。
 
易しいアドリブにしたつもりが難しかったのです。
まず周りのテンポはもう最初とまったく違います。
バンド演奏に慣れていない人は慌てますね。
そして息継ぎが難しいのです。もう一度聞いていただいたらわかります。
ゆったりとしているようですが実際は速い・・・こういうのは息継ぎが難しいわけですね。
決定的にだめになったのは指使いが難しいかった・・・・
終わりの4小節のところです。
でもこの指使いは急所です。
だってこの難しいところのフレーズこそこの曲の命なのですから。
後で少し説明します。
とまぁ、
これだけ揃うともう初級者用に書き換えるのは不可能ですね。
ということで悲しいかな。。。ボツ。
がっかりの毎日でした
下の譜面を見てください。
CIMG0358_640.jpg
 
この一小節が私はこの曲の急所と思うのです。
これを演奏しないのならこの曲は無い・・・そう思います。
なぜここが難しのでしようか。
フルートを吹く方はわかるでしょう。
高音域の「G」の音です。
フルートのことがわからない人のために写真を載せます。
下は左手です。
Left.jpg
 
写真は左手五本の指で持っていますね。
でも高音域の「G」は小指と親指はフルートから放します
下に落ちるのを防ぐ親指が使えません。 
下は右手です。
Right.jpg
 
高音域「G」の時は小指をキーに当てるだけです。
後は親指でフルートを支えます。
この音を吹いているときの両手は以上のようになっています。
説明でおわかりでしょうか。
この「G」のとき、フルートを支えている指は・・・右の親指だけですね。
そうです。すごく不安定なのです。
フルートの音を出すとき、
一番不安定な指使いになるのは「C#」の音です。 
その次がこの高音域の「G」でしょう。
この音だけを出すならそれほど難しい音ではありません。
高音域を全部きれいに出すのは上級者以上ですが「G」なら初級者でも出せるでしょう。
ただ、高音域は一つ一つ指使いが独立しています
管楽器はすべてそうでしょうが、ピアノのように次の音はとなりを弾く・・・ということがないのです。
高音域の「D」の以上はすべてバラバラです。
だから高音域のパッセージは難しくなります。
そのパッセージの合間に不安定な「」が来るとフルートを落としそうになりますね。
このため口がフルートからずれて音が不安定になります。
また、高音域では息のスピードが上がっているので指の押さえが少しでもきちんとされていないと音がずれます。
ごまかしが利きません。
そのような専門的な理由からこのパッセージは難しい・・・ということになりました。
はい、
どのように正確に吹けないか、私が見本を見せます(爆)
先ほどICレコーダーを横に置いて、私が吹いて録音しました。
一切のエフェクト付けていませんので聞き苦しいでしょうが。
音のズレ、不安定さを聞き取ってください。
 
ま、私どもの演奏会でも使う曲になりましたので完成させますがね。
作った私が演奏できなくてはね。
頑張ります。
久しぶりのブログがこんな愚痴っぽいものになってしまいました。
次は演奏会の話題でも書きますね。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 5

コメント 2

はげちゃん

おやま、おひさしぶりですねェ(笑)
だいぶ、バテていたようですネ
もう、だいじょうぶですか?

この曲は、聴いているだけなら、そんなにむずかしそうには聴こえないですよネ
でも、このテンポで、このシンコペーション主体のメロディだと、初級者にはむりなのでしょうねェ

うちのお姫さまのおばさん合唱団なんかは、こんなリズムだったら、まったくバラバラになっちゃいますョ(笑)

この方の年はわかりませんが、かなりリズム音痴なんじゃないのかなァ?(笑)

それから、高音の指使い、はげちゃんが挫折した最大の理由ですョ(笑)
一音、一音、なんだか指の押さえ方が、あっちゃこっちゃになるので、はげちゃんの単細胞の頭では、追いつかなかったのです(笑)

不採用はザンネンでしたネ
でも、HOLDONさんのバンドで演奏されるなら、いいじゃないですか。
とても、すてきなアレンジですョ

あ、それから、はげちゃんの掲示板は、23日から再開させていただきます。
25日が、風泉さんのご生誕記念日ですものネ
ご心配おかけして、すみませんでした。
by はげちゃん (2012-09-11 13:09) 

HOLDON

>はげちゃん、
お元気そうで何よりです。
バテたのは夏の暑さもありますが、この夏休み孫たちの来襲で疲れたこともありました(笑)
来てくれたときは楽しいのですが彼らが帰ったあとドッと疲れますね。

>不採用
バンドで上手く出来たら発表したい、そう思いますね。
実はフルートだけでなくドラムもベースもキーボードも難しいという感想でしたからね。

>テンポ
きちんとテンポ通りに演奏するのは中級者でも難しい時がありますね。
ウチのバンドもそんなに自信はありません(笑)

>フルート
高音域で断念でしたか。
わかりますよ。

>再開
おぉ! うれしいお知らせでしね。
それもお彼岸の日。
いつもお寺に行くので末永く続くように祈願しておきますね。
またお伺いするのを楽しみにしております。
by HOLDON (2012-09-12 06:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました