So-net無料ブログ作成
メダカ ブログトップ
前の8件 | -

留守の間に [メダカ]

沈んでいる・・・逝くなんて。。。。

さよなら.jpg

家内に聞くと私が帰るまでは元気だったとか。
もう一日待ってほしかったな。

でもこれで楽になったんだね。


鳥取での演奏会も大変だった。

そういえば・・・
演奏中に一本のフルートのバネが飛んで故障しました。
二本持って行っていたので難なく演奏できましたけどね。
やっぱり。。。

明日から気持ちを変えてがんばります。

nice!(27)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

肢体不自由メダカ [メダカ]

長かった~
やっとメダカたちをベランダに出しました。

me01.jpg

今年の冬は寒いですね。
一月からずっとベランダはマイナス気温でした。
半ばからマイナス三度以下が続きました。
ベランダのペットボトルの水はカチカチに。
メダカの水槽も全部凍ればメダカは全滅です。
それでアロエとメダカはずっと部屋の中に入れておりました。

やっと今日、出しました。

左はその他大勢で右は・・・・一匹だけです。

meo2.jpg
me03.jpg

体が「く」の字に曲がっていますね。
二年目のメダカですがだんだんと曲がってきました。
もう泳ぐことは出来ません。
そしてエサを食べる動きも出来ません。
でも生きています。
それは水槽の水はプランクトンがたくさんいるからそれで生きているのですね。
だいたいメダカは冬の寒い間はエサを食べず水の中でじっとしています。
プランクトンがあるので死にません。

なぜこのメダカだけをこの水槽に入れているかわかりますか。
病気とかでないので他のメダカに移ったりしません。
ただ障害メダカになっただけです。

始めはみんなと一緒に入れていたのです。
差別区別は可哀想ですからね。
メダカは繁殖期とか縄張りで争うことはありますがそれ以外は仲はいいです。
弱いものいじめもしません。
もちろん食べたりもしません。
メダカは自分の口の大きさよりも大きいものを食べようとはしないからです。
だから入れておいても良かったのです。

ただ他のメダカたちのように泳げない・・・エサを取れない・・・だけです。
しかし他のメダカたちがそうしているのが見えると暴れるようになって来たのです。
自分は出来ないですからね。
悔しいのでしょうか。悲しいのでしょうか。

あまりに可哀想で見るに忍びないので一匹にしてあげたのです。

おかげで今はじっと眠ったようにおとなしく生きております。

なんとかしてあげたいけど・・・・

人間なら何か方法はある・・・・
でもメダカには・・・・
話せないし・・・治療もない・・・

何度も思い切って楽にさせてあげようと思ったこともあります。
でも私にはできません。

今後はもっと体が曲がってきてやがて末期を迎えるのでしょう。

はい、人間にも結局は何かの末期が来て寿命を全うする・・・

このままベランダで私と最後まで過ごしましょう~

タグ:メダカ
nice!(24)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

今年のメダカ [メダカ]

もう暑いくらいですね。
我が家のメダカたち、動きが活発になって来ました。
6階建ての狭く汚くなったベランダ、というか掃除すればきれいになりますけど(恥)
でも環境が良くて昼間でも静か。
鳥たちの鳴き声くらいしか聞こえません。

左から、
気の弱いメダカ9匹。
いつもいじめられてエサも上手に食べられないので隔離しました。
大体この白メダカは気が弱いみたいです。

次の瓶。
産卵間近の楊貴妃メダカ。
オスメス3匹います。
活発ですね。

次の瓶。
気の弱い白メダカのうち、背中が銀色に輝くものがあります。
この種のメダカは珍しいので増やそうと思って隔離中です。
3匹いるのですが出てきません。

最後はその他大勢。
何匹入るのでしょうか。
この中には3年前やって来たメダカがまだ5匹健在です。
途中粉のエサをあげました。
元気に食べています。




白いお皿を入れているのは訳があります。
水を追加するときそのままどくどくと入れると下の土が舞い上がって濁ります。
それを防ぐためです。

また容器の縁や下に小さい黒いものが見えます。
サカマキガイです。
水槽の苔や水の汚れをきれいにしてくれます。

これ以上増えたら困るけどもらってくれる人もたくさんいますので楽しみです。

タグ:メダカ
nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

メダカの水替え [メダカ]

暖かくなって少しメダカたちは活発になってきました。
外では冬の間はほとんど冬眠状態でした。
エサも食べませんでした。

M01.jpg、 

上。左から、
昨年から稚魚が育っている角水槽、水瓶2個、大水槽。
一番右は一ヶ月かけて作った新しい大水槽。
この中には新しい赤玉土と水草、それと古い水を少し加えて混ぜています。
要するに彼らの住んでいる水の中の細菌を繁殖させるためです。
この細菌は水をきれいにします。
水槽に適度なメダカ数であればほとんど水を替える必要は無いのですが多数いますので細菌の浄化が追いつきません。
それで年二回水替えをします。

M02.jpg 

上。大きいのから。 
左。そうとう濁っています。
本当はこれでメダカが具合が悪くなるわけではありません。
むしろ下手に水を替えるとメダカは弱ります。
見栄えが良くないから替えるわけです。
右は出来上がった水槽。
水もきれいし、細菌も増えていることでしょう。
一ヶ月以上水を育てましたから。

M03.jpg

 
上。汚れた水草を出して洗います。
そうとうに汚れていますがほんとうはこれだってメダカたちはつついて食べたりしますので適当に洗います。 
古い葉は腐敗して汚れますのでやっぱり洗う必要はありますね。

M04.jpg 

上。 移し変えました。
容器の縁の汚れは水苔の後です。
完全に洗い落とさない方が良いのでそのままです。
稚魚たちも一緒に入れました。
やっぱり新しい環境に慣れるまで要注意です。

M05.jpg 

上。次は水瓶。 
これはまだ水が澄んでいました。
メダカ数が少ないからあまり汚れないのでしょうが細菌の状態もいいのだと思います。
それで瓶の中の鉢だけを洗います。
すっぽりと抜いて根の始末もしておきます。

M06.jpgM07.jpgM08.jpg 

上。枯れ草も腐らない限り水を浄化するのでそのままです。

M09.jpg 

上。出来上がり。 
4月になれば活発に動き回ることでしょう。
そして今年も癒してくれることでしょう。


タグ:メダカ
nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

癒されます [メダカ]

気温が上がってくるとメダカたちもよく動きます。

大きくなりました。 

赤い楊貴妃はやっぱり美しいですね。 







 

楊貴妃のほかに雑種もいますが楊貴妃が一番元気で強いです。
ビデオには左側に先週生まれた赤ちゃんメダカ、種類の違うメダカ、と分けて入れております。

右には今年の朝顔、左には今年のゴーヤ。
今年の夏もグリーンカーテンが出来るでしょう。

ビデオの音声には、
小鳥の鳴き声と孫も行っていた幼稚園の子供たちの声が聞こえてきて癒されます。

久しぶりにのんびりとビデオを回しました。 


タグ:メダカ
nice!(23)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

久しぶりのベランダ [メダカ]

昨日は羽生君、すごかったですねぇ。

hanyuu.jpg 


中国の天才もすごかったけど格が違いました。
今日のフリーによっては世界初の300点台が期待できますね。
孫のテンションは上がりっぱなし(笑)
みんなで応援しましょう。

 さて、久しぶりにベランダです。

 

その後のメダカ

あれこれ他の事に手を取られて経過の写真が取れていませんが下です。

be1.JPG 

現在合計は30匹を超えています。
両端の水瓶には親メダカ。
産んだ卵を見逃している内に生まれた子供たちは真ん中の大プールに。 
そうです。
この大プールでメダカの部屋は終わりです。
後は自然に任せたいです。
大プールには二世が20匹以上います。
残念ながら今は気温が低くなりすぎて水の底に沈んだままです。
もうエサもあまり食べません。

be2.JPGbe3.JPG

見えません。寒いから底に沈んでいます。 
たまに上がってきます。

be4.JPG 

上は20匹以上の子供たち。
少しは見えていますがどうでしょうか。
もう大人並みのメダカもいます。 

来年の春にはまた三世が生まれるのでしょう。

我が家の狭いベランダ。
メダカでいっぱいになっては困りますよねぇ。
今から悩んでおります。

次回は他のベランダの植物たちの写真を撮りますね。 


nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

どうせ不自然 [メダカ]

3ヶ月も経たないのにもうメダカの赤ちゃん。
また世話が増えました。

水瓶とその中のメダカはいかにも自然風です。
家内はエサだけあげてそのままにしたら、と言います。 
実際そのように育てているのも見かけます。
それでもメダカは育っています。
水草があり砂利も入れていかにも自然風。

一方濾過フィルター、エアレーション、サーモスタット、砂利、水草、その他の装飾品を装備しての水槽で買われているメダカもいます。
私はそのようにして飼ってあげたい気持ちでした。
でも家内は自然に飼いたいと。 

私の考えはベランダで水瓶に飼うのも自然に飼っているわけではないと思うのです。
昔池や川で見たメダカ。
今は絶滅危惧種になっています。
私が飼っているメダカはそんなメダカでなく観賞用のメダカ。
一見自然風に見えてもやっぱり不自然なのです。

ということで私は一週間に一度水瓶を清掃します。不自然ですが。
清掃はゴミやエサの残りが付着しやすい水草と4分の一の水替えです。
底の砂利は半年に一度と考えています。

meda1.jpg 

中の水草を取り出します。

meda2.jpg 

それぞれ分けてよく洗います。
ベランダに置いておくとボウフラが沸いたりトンボが卵を産んだりします。
ボウフラはメダカが食べてくれるのですがトンボの卵が孵ったヤゴは逆にメダカを食べてしまうそうです。 

meda8.jpg 

はい 。メダカは中でパニックになっていますが上のゴミをすくうようにして古い水を取ります。
2,3日塩素抜きをした水を入れます。

meda3.jpg 

上がホテイソウの根です。
根の状態が良くないと水草は枯れるし水も汚くなります。

meda5.jpg 

見てください! 
取り出したホテイソウの根にしがみついていたんですね。
また赤ちゃんです!
あーぁまた一匹増えました。。。。

meda6.jpg 

はい。 水色の丸は前回の赤ちゃん。
右のメダカはもう大きいですね。
ピンク丸が今回の赤ちゃん。
大きさからして生まれたてです。

私がこうして清掃するときにうまくめぐり合えたメダカの赤ちゃん。
私の目がもう少し悪ければ水草を洗った捨て水と一緒になるところでした。
あるいは水瓶に残れば親メダカに食べられるでしょう。
この狭い水瓶の中で食べられずに成長することは奇跡に近いです。
私が救ったこの三匹。
すごい幸運の星の元に生まれました。

meda7.jpg 

大事に育ててあげたいと思います。
そして家の中。
成長遅れの三匹の横で育てます。 

さて、
メダカの卵。
ホテイソウの根にくっついています。

meda4.jpg 

私は丁寧に取り、そばにある植木鉢に水と一緒に捨てます。
残酷です。 
でも元気なメスは一日に10個以上卵を産み、年間で1,000個も産む場合があります。
親メダカ10匹のうち半分がメスとすれば・・・・
全部育てたらどうなるでしょうか。
水瓶の中でそのままにしてあげたら卵はどんどん孵化し親に食べられます。

せっかく世に生まれたのに即座に親に食べられる・・・・ 

これも自然界の掟だと人は言います。
でも最初に書いたように一見自然風だけど不自然なことをしているのです。

私が選んだ方法は・・・親に食べられる前に、孵化して生まれる前に埋葬してあげる・・・

でした。

水瓶を清掃したりエサをあげるとき、赤ちゃんを見つけたら即助けます
そして育てます。

ご批判あることでしょうが、
これが私のしてあげる最善の方法かと思っております。


nice!(13)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

もう赤ちゃんが! [メダカ]

合計10匹のメダカ。

前回のユーチューブビデオで、
ベランダの水瓶二つのうち左に二匹、右に三匹でした。 
ペットボトルのケンカする二匹が仲良しになったので左の水瓶に移して4匹にしました。

またまたユーチューブです。
やっぱり見にくいですが我慢してください。 






 

4匹とも仲良しです。
4匹とも喜んでいるようです。
白く(ほんとは銀色)見えるメダカと小さ目の二匹が加わったのです。
すごくでかいのもいますね。
二ヶ月過ぎるとこうなるのですね。

そして、
以前から仲良しの右の水瓶の三匹。
ほんとうに大きいです。
細く赤めなのが楊貴妃です。オスです。





 

実は二週間ほど前、メスのお腹にらしきものがくっ付いていたのですが2ヶ月少しのメダカがまさか、と思っていました。

でも本当だったのですよ。
一瞬なのでカメラに収めることが出来ませんでした。
赤ちゃんです!

最初の一匹目は水面を泳いでいました。 
あわててすくいました。
もし親メダカに見つかったら食べられてしまうからです。
これは右の皿に入れました。
すると、またもう一匹が。
これは左の皿に入れました。
浮いたままだったのですぐ捕らえられました。
親メダカに見つかったら一瞬で・・・・
親メダカに悪気は無いのです。
小さくて動くものは食べてしまう・・・それが習性です。
ほんとに運良く見つけられました。





 

右はよく見るともう大きいです。
たぶん一週間近く経っているでしょう。
すばしこく泳げます。
それにしても一週間ほどよく生きていました!
親メダカに見つかってもすばしこく逃げてきたのでしょう。
左は2,3mmでしょう。
きっと生まれてすぐ。
小さくて見えないでしょうか。
お皿の上のほうを泳いでいます。
うまくビデオに撮れませんでした。

でもよかった!

親メダカに食べられる前にすくえました。 

はぁ。。。。
やっと子育てが終わったと思ったのにもう二世が。。。。

さて、
成長遅れの三匹たち。





 

ずいぶん大きくなりましたがまだ家の中です。
エサを上手に食べられなかったために成長が遅れたのです。
白い大きな皿を入れてエサ場にしています。
こうすることによってエサの場所を覚えさせて集まるようにしました。
そしてブラインシュリンプという海老の小さな卵をあげたら上手に食べるようになりました。
高いエサですが。
大きくはなってきたのですがベランダの水瓶はもう満員。 

しばらく赤ちゃんメダカと一緒に家の中です。

それにしても・・・
また子育てが始まるぅぅぅぅ~ 


タグ:メダカ
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | - メダカ ブログトップ