So-net無料ブログ作成
検索選択
Ubuntu ブログトップ
前の3件 | -

Ubuntu 14.04LTS [Ubuntu]

先日来我がUbuntu12・04LTSのアップデート画面に「アップグレードができます」という表示がありました。
Ubuntu14.04LTSが新しくリリースされたとのことです。

画面コピーをいちいち出来ないのでデジカメで撮りました。
ちょっと見にくいかも。。。すいません。
(各画像をクリックしていただいたら拡大写真になります)

Ub1.JPG

 

上です。うかつにしない方がいいのはわかっていますがメールやデーター保存はもう一つのGX280にあるので失敗しても良い気持ちでやってみることにしました。
決行したのは家内から取り上げたFujistuパソコンです。
旧Ubuntu12・04LTSが入っていても家内は何もデーターとか入れていないので消えても大丈夫ですからね。

Ub2.JPG

 

上。800MBもあるなら40分、インストール終了までは数時間はかかるだろう、と覚悟です。

Ub3.JPG

 

上。1986個!
ダウンロードグラフがなかなか進みません。
ベランダの植物に水遣りなどをした後もまだ半分もいかず。。。

Ub4.JPG

 

上。やっと終わったら英語画面。
安定性に自信あり・・・そんな内容。続いてアップグレードです。

Ub5.JPG

 

上。パスワード入力です。

Ub7.JPG

 

上。不要になったファイルなどを削除。当然と思って続行です。
しかしこれが長かった!
スタートしてから三時間は越えました!

Ub8.JPG

 

上。やっと終わったかと思うと・・・・
アップロード失敗。。。
システムプログラムにエラー。。。。
これでお陀仏。。。。

Ub9.JPG

 

上。完全失敗。
もとのUbuntuに戻すには再インストールしかないです(ガックリ)
半日もかかって失敗。。。。

ところがあくる日、

Ub11.JPG

 

上のOS選択画面がちゃんと出ました。
恐る恐る「Ubuntu」をクリック。

Ub10.JPG

 

上。はい、スタート画面です~
右上が少しすっきりし、サイドアイコンも見慣れた形です。
家内のために入れてあげたDVDリッピングソフトもちゃんと残っています。
ワープロもインターネットも大丈夫。
ブックマークもそのままです。

ということは成功?

いえいえまだわかりません。
内部エラーを持ったままスタートしているのです。
いつか止まる。。。。
安心して使えませんね。

もし成功していたらとして、下に評価します。
良いところ・・・・・You Tube の映像がスムーズになって軽さを感じる。
悪いところ・・・・・スタートに時間がかかる。Ubuntu12.04LTSの方が断然早い。
悪いところ・・・・・4分割画面がなくなった。これ便利だったのに。

今のところYouTubeだけ満足。
それなら前のUbuntu12.04LTSの方がいいです。
これはまったく私個人の感想だけですのであてにならないかもしれませんが。

ところで、
アップグレード手順がわかったのでもう一つの「GX280」にもやってみようと試みました。
すると、

Ub6.JPG

 

上。
このパソコンのグラフィックハードウエアが不適合と表示されました。
Fujistuは適合していたのですね。
そのFujistuでも危ういのだからGX280では当然無理。
断念です。

結論です。

Pentium4 パソコンでは止めた方がいいです。

LTSとは、
Long Term Support 
4,5年のサポートをしてくれますからありがたいのですがねぇ。

それにしてもだんだんPentium4パソコンは見放されつつありますね。

以上、
あまりお勧めできないことを伝える記事でした。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ubuntu エラー [Ubuntu]

パッケージシステムが壊れています

これについてのお問い合わせが二件ありました。
使って二ヶ月近くになりますが幸い、私には起こらなかったエラーです。
それについて少し勉強してみました。
そして今後、やはり Linux 言語、コマンドなどの勉強もしないと使いきれないと判断しました。
少しずつ勉強していきたいと思います。

Ubuntu バージョンは、12.04LTS(長期サポート版)です。

上のエラーの要因は、
どうやらアップデートを繰り替えしているうちに起こるようです。

参考にしたサイトは ↓ です。
http://kledgeb.blogspot.jp/2012/07/ubuntu-6-apt-get.html

下が Ubuntu 初期画面ですね。
右下部の黄色丸は作業を4分割できるアイコンです。
今の作業は私のブログを見ているので別の窓を開いてください。
窓を利用しながら(切り替えながら)作業するといちいちメモなど取らずにすぐに確かめられるので便利ですね。

er1.JPG

 

別窓にしたところで、下です。
キーボードの画面。
黄色丸を左手で同時に押しておきます。
そして右手で「T」キーを押します。

er1r.JPG

 

すると、下のような黒い画面が現れます。
これが Ubuntu を Linux 言語で操作できる端末です。
この画面の出し方はしっかりと覚えておきましょう。
カーソルのところにコマンドを打ち込みます。

er2.JPG

 

下のコマンドをカーソルのところに打ち込みます。
マウスでコピペして貼り付けてもよいです。

sudo apt-get install -f

下が入力が済んだ画面です。
確認後、キーボードの「Enter」を押します。

er3.JPG

 

すると、パスワードを聞いてきます。
カーソル画面で直接打ち込んでください。
ただ、打ち込んでもカーソルは動かず反応が無いみたいですが認識はしていますのでそのまま打ち込みます。
打ち込んだあと、「Enter」です。

er4.JPG

 

私の場合、現在エラーは無いものの下のような画面が現れました。
人によっては違うコメントの画面になるかと思います。
その場合でも黄色丸のような「コマンド」が出ると思います。
私の場合、

sudo apt-get autoremove


その部分だけをコピペ、あるいはメモして赤下線部に入力します。
そのあと「Enter」です。

er5.JPG

 

結果、下のような画面が出てきました。
続行するので「y」を入力し、「Enter」です。

er6.JPG

 

下の画面で終了。
このあと再起動してみてください。

er7.JPG

 

これはほんの一例なのですべてには当てはまりません。
私が参考にしたサイトの記事もぜひお読みください。
今後も Linux 言語を勉強して少しでもお役に立てるページを作りたいと思います。

 


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Ubuntu、その後 [Ubuntu]

ずいぶん久しぶりです。
仕事も今季からシステムが変わり、人もすっかり代わって忙しかったです。
園芸やバンドの準備もありましたが、何より近所の囲碁の会の役員に選ばれて忙しかったです。
建て替えでここに戻る10年ほど前にハンデ付きながら優勝してしまったからです。
もうすっかり囲碁の事は忘れかかっていたのですがね。
10年ほど前、みんなの見守る中、決勝相手の方の姿が忘れられません。
顔面真っ赤にして、「負けました」
その方が現在の会長。
頼まれては断れませんでした。
先日久しぶりに二子置かせてもらって打ってボロ負けでした。

バンド活動をするようになってから好きな趣味もどんどん整理しなければならなくなり、競馬まで見なくもなりました。
見たらやりたくなる・・・・

とにかくバンド演奏は一人でも欠けたら一大事。
歳老いていつまでやれるか・・・
やれる今しかないのです。
やれる間は突っ走る ・・・今はそれしか頭にありません。

そんなことで、ブログもなかなか書く気になれませんでした。

そんな中、
XPサポート終了のためにバタバタさせられました。
至急に対応したのが新OS、Ubuntu。
まだまだ使い切っておりません。
とにかくネットを安全につなぐ・・・・それだけです。
一ヶ月以上経って慣れてはきました。

さて、そのUbuntuですが、
このブログに書いた記事は意外とアクセス数は少なかったです。
XPを今だに使っている人はもう少ないのでしょう。
そう判断しました。
パソコンを買った若い人はXPなんて知らないでしょう。
XPに固執する人たちは、
もはや進歩的な作業を必要としない我々のような老人。。。
あるいは経費節約に追われる企業。。。
何も知らないで使っている人。。。。
そんな方々でしょうか。
この間お役所にいったらスクリーンセーバーがXPのパソコンが見当たりましたよ。
メインには使っていないのでしょうがヤバいですよね。

Ubuntuはネット上では人気になりつつあります。
でもしっかりとしたマニュアルは見当たりません。
書籍も少ないです。
それは種類が多いためでしょう。
基本は同じなのですがしっかりと対応できるようにならないとしんどいかも知れません。
何せすべて無料を宣言している Ubuntu です。
それゆえ細やかなサポートサービスは求められません。
正直に言って、
Windows XP 時代よりもすぐれた無料ソフト、機能はたくさんあります。
その半面お粗末な言語サポートに不満があったりします。
使いきっていないからかも知れませんが。
優秀なソフトを出す会社は使用者数が多い OSに対応するものでないと儲かりませんからね。
Ubuntuでは優秀でも日本語環境の悪いソフトが多いのもそのためです。

Windows で使っていたものすべてが Ubuntu でも使えたら、と願うことでしょう。
実際、Wineというアプリケーションがあって Windows 用を Ubuntu 用に変えることが出来るそうです。
でもその効果は・・・
どうやら不十分らしいことがネットで伺えます。

結局、Ubuntuはこれからです。
いや、その歴史はもう古いのですが Windows と共存していこうとする方向はこれからが期待出来ます。
助け合いで、そして無料の精神がUbuntu精神なのでしょうが有料になってもいいから使いやすくより便利なOSになってくれてもいいと思います。

私には一生懸命努力して Ubuntu を使いきろうとする意欲はもうありません。
肝心なものにも意欲が薄れつつあるような私ですから。
すぐ使える便利なものが無いなら我慢する・・・・あるまで待つ・・・・
それだけです。

下は、
クールミントです。
近所の方が葉っぱだけくれました。
それをコップに漬けていたら根が出て今ではこんなに。
でも何に使うのでしょうか?
食べる??

クールミント.jpg

 


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | - Ubuntu ブログトップ