So-net無料ブログ作成
私のフルート ブログトップ

吹いてみました [私のフルート]

いよいよ今日から鳥取です。
今回から二日連続の演奏会になります。
演奏旅行は家内も同伴しますが、演奏や準備で忙しく、ゆっくりと食事やお酒を楽しむ時間は無さそうです。
たぶんバタバタと終えて帰ってくることでしょう。

二日分だから曲目も増えて大変でした。
でもいくら練習してもキリ無し。
日曜日に自宅での最後の練習を終えました。
まったく不十分な仕上がり。あとは運まかせですね。

それでこの間の「お題」投稿曲をちょっと吹いてみました。
こんな忙しい時に吹かなくとも良いのでしょうが。
気分転換に吹いてみたくなったのです。

 

 フルートの喜び<コラール二番>

ラテンやジャズもいいのですけど、クラシックを吹いてみたくなるのですね。
気分転換。

でもひどい
後半の速いフレーズから馬脚を露呈。
乱れまくり~
やっぱりクラシックの吹き方は出来ません。

 

お恥ずかしいですね。
言い訳になりますが、
あのバッハのギザギザ奏法は難しい~

悔しいので鳥取から帰れば特訓!

クラシックも吹けるようにしたいなぁ~


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

晴れて2 SSWの使い方 [私のフルート]

昨日アップした記事「晴れて」の追加です。

閲覧数の少ない我がブログなので仕方ないですが誰もお気づきになりませんでした。
実は昨日のアップした音楽は私が吹きました。
昨日の気持ちがいい朝に。
今日はその方法を述べます。
これはDTMをさらに楽しめる方法ですからね。

いろんなケースを考えると書ききれませんので今日は私の方法だけを述べます。

sd90.JPG

 

パソコン、マイク、ヘッドフォン、それと音源SD-90
詳しいセッティングはSD-90が主体のなので省略ですが赤丸左にマイク、右の赤丸はヘッドフォンです。
周りが静かな時でないとマイクから雑音が入りますので注意。
マイクは安物(3千円)のボーカルマイクです。
SD-90はコンデンサーマイクは受け付けません。
下がSSW5.0(シンガーソングライター5.0)の画面です。

harete1.JPG

 

「晴れて」のMIDIファイルをダウンロードしてから赤丸のところを押します。
wave1ですね。これでMIDI音楽を流しながらマイクから音声を入れて演奏することができます。
ダウンロードしたMIDIは後でsswファイルで処理します。
保存はマイク音声のwaveファイルとMIDIの同期のファイルのなりますのでsswファイルでないとだめです。
そして大切なのはフルートのパートのヴォリュームをゼロ(0)にしておくこと。
当然ですよね。フルートは自分が受け持つのですから。
スコアは残しておきます。

harete2.JPG

 

さて、ヘッドフォンを装着し、フルートを構え、いやその前にフルートはチューニングを合わせておくことは当たり前ですね。
そしてプレイパネルの真ん中の赤いボタンを押します。いつものプレイボタンではありませんよ。
そうしたら曲がスタートし、縦線がカーソルとなって横にスクロールします。
MIDI音楽はヘッドフォンから聞こえ、それを聞きながらパソコン画面を見ながら吹きます。
マイクを通じた音声もヘッドフォンからミックスして聞こえますので一度バランス調整をしてからがいいでしょう。

harete3.JPG

 

難しい!
フルートのパートを見ながら吹くのですが指揮者は縦線の横スクロール。
慣れないと合いませんよ。
特にこの曲はテンポがスローで何度もテンポが変動します。
ドラムが鳴っていれば着いていけますが止まるとパニック。
もちろんテンポは頭に入れて演奏するのですがビブラートをかけるとまた怪しくなります。
ビブラートの速度が狂うと曲のテンポと合いません。
ビブラートというのは一定の速度ではありませんよね。
最初は遅くだんだん速く。
きれいなビブラートを意識するとテンポが狂うのです。
指揮者が横カーソル!
はぁ苦労しました。

ということで、そういうドタバタをもう一度聞いてやってください~


 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

晴れて [私のフルート]

やっと新曲の紹介です。
2月の初旬に発表された第64回MIDIでお題拝借コーナーへの投稿曲です。

さて、この曲は早くから構想は出来ていました。
きっかけは第64回のテーマ(動機)二小節です。
これを聞いてすぐ黄金進行(カノン進行)がいい、と思ったのです。
ちょうどもう一人の娘が嫁いだら曲を贈るつもりだった旋律がカノン進行。
最初の娘が嫁いだのが11年前。
娘の旅立ち」を作りました。
実はそのときにすでにもう一人の娘が嫁いだらこれ、という旋律を用意していました。
それを今回の曲に使いました。
10年経っても日の目を見ない・・・・・いや、早く現実となって欲しい願望も込めて。
晴れて」という曲名はその願いです。

ところが制作進行中に不幸が。
今だから書きます。
長く入院中の家内の母は元旦生まれの母は今年88歳。
病院でお祝いをしました。
何度も危篤を乗り越えて。
みんなの願いと母の執念でしょうか。
そしてついに力尽きたか、正月三日に亡くなりました
長く看つづけてきた家内の落胆は大きかったです。
私が長くブログを休みがちになった一つの大きな理由です。
それ以降パソコンに向っても音楽をする気になれませんでした。

投稿は一月末が締め切り。
ある日家内が寝た夜、徹夜で仕上げたのがこの曲です。
この曲に娘だけでなく家内やその母に思う気持ちが入ってしまいました。
それは明るいはずのカノン進行をマイナー調にするという結果につながりました。

黄金進行基本形
 →  → Am → m →  →  →  → 

ですね。

私は、

 →  → Am → Em → F →  →  → E7

E7 を入れたくなったのも上記のような気持ちからです。
続いて、

Am → E7 →  →  →  → E7

この繰り返しです。
きっちり短調ですね。
これで明るいはずの黄金進行が暗めになってしまいました。
上記の感情が入ってしまったのでしょうね。

本当に娘が「晴れて」嫁ぐときはもっと明るい曲にやり直すつもりです。


nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
私のフルート ブログトップ