So-net無料ブログ作成
検索選択
コード進行 ブログトップ

怪しいコード進行 [コード進行]

6月コンサート用の曲の準備も終わり、いよいよ「MIDIでお題拝借」の曲に向かいます。

今度のテーマは私めが提供しました。
下です。

69.JPG

 

何気なしに作ったのですが・・・・
ちょっとイヤなこと無いですか?
たぶん私は難産するでしょうね。きっと。
それは私が一番気にするコード進行がうまく行きそうに無いからです。

いつも怪しげなコード進行・・・いつものことですが今度はもっと怪しくなりそう。
下みたいなことをやりそうですよ。

td7st.JPG

 

だめなお手本でしたねぇ。
でもどうだめなんでしょうか?
「Ⅴ7」の解決が次のⅣコードでなされていない・・・それだけなら「Ⅴ7」を使わずに「Ⅴ」にしたらいいですよね。

なぜだめなのだ!

私が習った理由は、

Ⅴ → Ⅳ 

は進むべき道が戻ったように感じて気持ちが悪い、

でした。

戻るときもあるでしょ(笑)

下が正解でしたね。

tsdt1.JPG

 

確かに進むべき道に安堵感を感じます(笑)
でもこれって、半分以上この進行に耳が慣れているということは無いでしょうか。
慣習に流されてる・・・というのはオーバーでしょうか。

ジャズのブルース進行では当たり前のように
Ⅴ → Ⅳ
が出てきますよね。

私はジャズのコードをいろいろ知ってから道を外しました(笑)

ジャズでは、
コードの命は、 3,7度
根音はベースが鳴らしている。5度は省略してもよい・・・
でした。
増4度の未解決なんて気にしない・・・
下です。

tdst7.JPG

 

全部7度コードにする。
耳が慣れてきたらジャズです(笑)

おもしろいのはロックの中抜きってものもありますね。
なんと3度の音を省略する・・・・

結局音楽って、
絶対的な理論はそんなに多くない・・・

聴いた感じが良ければ音楽

それでいいと思いますね。

ただ天才が作る音楽で無い限り勝手振る舞いな音楽は聴けたものじゃないですね。
将棋や囲碁には定跡(定石)というのがあってみんなそれを勉強して強くなります。
基本をいい加減にする人は伸びません。
でも、

名人に定石無し

だって一番強い名人が打った手はすべて正解。
名人が定石を作るのですから。

 

やっぱり普通の人はまず基本から。
基本をおろそかにしてはいけませんよ~

天才でも名人でもない私の次のお題曲、
きっと禁じられた曲になるでしょう(爆)


タグ:コード進行
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

催眠進行コード [コード進行]


 

ずいぶん前の自分のホームページに冗談半分で書いたことがあります。
この間の「音楽療法」の記事のときに少し書きましたね。
それで少し再現してみました。

私の「催眠進行」とは奇抜で大袈裟な表現かもしれませんが音楽療法を思うと意義深いものがあります。

7,8年前のことです。
きっかけはヴィバルディーの「四季」、冬の三楽章です。
これをアレンジしていたときに感じたのです。
下を聴いてみてください。

これを聴いていると私は吸い込まれそうになるのです。
それでこの音楽の構成を調べてみました。
下図です。

Winter.GIF
見にくいので画像をクリックしてくださいね

 

コードにすると「Fm」と「Bbm」だけですね。
しかも根音は低音「ファ」が流れっぱなしです。いわゆるオルガントーンになっています。
もう一度上図部分だけをバイオリンで聞いてみて下さい。


バロック音楽ではこの構成は多いと思いますがヴィバルディーの曲が一番吸い寄せられます。

これは短調ですが和声進行は、
T → S → T → S ・・・となっているのがわかりますね。
Tはトニック、Sはサブドミナントです。

これだ!
と思いましたね。
そして、これは催眠進行だ、と思ってしまいました。
そこで私はまとめてみました。

催眠進行基本1
C→ F→ C→ F ・・・
これは長調の基本形です。
下を聴いてみてください。

どうですか。
いつまでもいつまでも聴いていたくないですか?
これが催眠進行のからくりです。
つまり完全終止形の「ドミナントコード」を使わない形です。
ドミナントコードのように、「もう終わった。。。」と思わせる安定感が無いためいつまでも聴いていたいのですね。

催眠進行基本2
Am→ Dm→ Am→ Dm ・・・

 

短調は短調で独特な感覚を覚えますね。
即興でメロディーを入れてみましたよ。
後半に入れています。

 

いかがでしょうか。
私は立派に音楽療法に使えると思います。
上の二つは基本形だけです。

サブドミナントコードは上だけではありません。
長調でいうと「」の音さえ入っているコードならサブドミナントコードに適用できます。
Dmがそれです。
またサブドミナントマイナーコードだって使えますね。
長調の場合、「Fm」ですね。
いや、サブドミナントマイナーコードは「Ab」の音さえ入っていたらいいので「Bb7」とか「Db」とかいっぱいあります。
すなわち応用はいっぱいあります

私はまじめに効果を信じております。
ぜひご活用ください!

 


nice!(8)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

引き潮(Ebb Tide) [コード進行]

バンド用予定曲の一つ「引き潮」が今日には完成します。

前回の記事にある予定では、未定曲はカット。
あと歌手用の「夜明けのスキャット」で終了です。
これは二日で出来るでしょう。
以前に某教室の生徒さんに書きましたから。

といいうことで19日の法事のために18日に鳥取へ向かいますがすべて譜面を持って行けるでしょう。
ほっとしました。

ついでです。
「引き潮」について少し書きましょう。
エーゲ海の孤島を舞台にした愛の寓話でジャンヌ・モロー主演のフランス映画です。
見たことはありませんが。
そのテーマ音楽です。フィリップ・サルド作曲。

ebb1.JPG
ebb2.JPG

上は8小節のテーマの譜面です。

ご覧いただいていかがでしょう。
メロディに対するコードが凝っていますね。
どうも引っかかるような響きで気になります。
こういうのは楽器編成を考えたコード付けなのですね。
フルート、キーボード、ベース、ドラムの四人では出せない音なのですが演奏してみると以外に聴けます。
下がその8小節部分です。

引っ掛かり気味に味があるというか・・・・

これだけでは作曲者に悪いです。
ポール・モーリアの編曲を聴いてください。
オーボエが演奏するところから冴えた作曲と感じ取れますよ。

 

なかなかこんな風に書けませんねぇ。
はぁ、ただただ感嘆するのみです。

引き潮進行」とでも名づけましょうか(笑)

続きは、信頼してくださる方はどうぞ


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

シャレード [コード進行]

某教室に通われる生徒さんからの依頼曲の一つがとりあえず完成しました。
いつ発表会なのかは聞いていませんが今日譜面とCDを渡します。

曲は「シャレード」。
この曲はもともと我がバンド用に私が編曲しておりましたがそれを気に入っていただいての依頼でした。
だから比較的早く出来ました。
私の編曲の披露だけでは安っぽい記事なので「シャレード」について少し書きましょう。

Charade(シャレード・・・英語で、ジェスチャーゲームみたいなもの)

ご存知の方も多いでしょう。
オードリー・ヘプバーン主演の映画ですね。
1963年の映画というから古いです。
殺人事件や狙われたりして彼女には珍しくサスペンスな物語でした。

このテーマ音楽が私の「シャレード」です。
ヘンリー・マンシーニ作曲。
彼はすてきな映画音楽ををたくさん書いていますね。
同じくヘプバーンの「ムーンリバー」。これは「ティファニーで朝食を」の主題歌でした。
特に私が好きな「ひまわり」もそうですね。
あれやこれや書いているとページがいくらあっても足りませんので音楽だけ少し。

SharadeCode1.JPG


上が私の曲の出始めです。
コード進行を見てください。
もちろんヘンリー・マンシーニが付けたコードです。
私の実力では及びません。
このコード進行は「コード教則本」たるものに必ず出てくる、と言っていいでしょう。
それほど有名な進行です。
これだけ「Am」が続いていても素敵ですね。

次がテーマです。

SharadeCode2.JPG


またまた「Am」の連続です。
2小節目なんか、思わず E7 や Bm7 にしてしまいませんか?
そうすると曲の変化が美しすぎたり派手になりますね。
一見合いそうも無い シ の音ですが( )で書いたように 9thコードでもあるのです。
この映画の「根本にミステリーを含むサスペンス性」・・・それを表現していると思いますね。
You Tube の方を聞いていただいたらわかると思います。
悲しく美しいけどどこかサスペンス性もある・・・・
はい、名づけました。
上のコード進行を「サスペンス進行」(笑)

このように名曲を勉強する・・・・それを利用する・・・・
そうするといい曲が作れるようになるでしょうね。

下が私のボサノバにした編曲。
フルートの生徒さん用です。
著作権もあるのでアドリブのところだけどうぞ。
最後に吹き伸ばしの「」の音が4小節続きます。
そこに上のコード進行の応用を使いました。
これは私のオリジナルですよ。

ということで、
今日は久しぶりに「コード勉強、わがままコード」の記事になりました。

おそまつ・・・・


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
コード進行 ブログトップ