So-net無料ブログ作成
検索選択
音楽いろいろ ブログトップ
前の8件 | -

音楽雑感 [音楽いろいろ]

最近つくづく作曲が苦痛になってきました。
たぶん耳だけ肥えて腕が着いていかないからだと思うのですがそれだけではないような。

自分の音楽の分野がバラバラだからではないかと。

私たちの時代では童謡以外は子供も大人の歌謡曲を聞いて楽しんでいました。
ラジオもテレビもほとんど大人と一緒。
わけがわからなかっても一緒でした。
今の子供や若い人はそれぞれの分野がすでに与えられているのでしょうか。
それともメディアの餌食になっているのでしょうか。
漫画以外アイドルもいなかった気がします。
だからかもしれませんがビートルズが出てきた時は抵抗があり、避けていました。
今では尊敬するほど好きですけどね。

その当時からクラシック音楽もありジャズもありラテンもありましたが子供のときから覚えのある人はそれらの好きな両親と環境に育ったのではないでしょうか。

中学に入って音楽の授業で音楽鑑賞がありました。
いろんな退屈な曲を聞かされてうんざりしていましたがやっとクラシックに興味を持つ曲が現れました。

ボロディン作曲の「中央アジアの草原にて」です。
自分でレコードを始めて買ったのはラヴェル作曲の「ボレロ」です。
歌謡曲しか知らない、何の素養も無い私がこれらの曲に惹かれたのは運命的です。
当時は他のクラシックには興味は沸かなかったからです。

もし上の二曲を味わえないままだったらクラシックファンにならなかったかもしれません。

ベートーヴェンの凄さを知ったのはその一年後。
これで私のクラック熱は爆発です。
あらゆるジャンル、作曲家に惚れていきます。

モーツァルトから入っていく人もいるのでしょうが私は二十歳になってやっとモーツァルトにはまりました。

音楽への道は人それぞれなんでしょうが運命的なものも感じます。

大学生になってからフルートを習いました。
その音楽学校が縁でバンドマンになるとは!

クラシックの練習をしていたのにアルバイトでバンドマンをやらないか、と。
当時お金はいくらでも欲しかったですからね。

入ったバンドはタンゴバンドと言って歌謡曲やラテン、映画音楽が中心でした。
ここでラテンに興味が出てきました。

そこにいたギター(今はドラム)の人と仲良くなったのがさらに運命的です。
彼はクラシック以外は何でも知っていいました。
ラテン、ジャズを徹底的に教えてもらいました。
彼の持っていたレコードは今でも名盤中の名盤ばかり。
今手に入れようとすると何万円もするプレミアムが付いています。

音楽理論の基礎もかなり習っていたので譜面も書けました。
するとまたお金になる仕事が出来ます。

耳コピです。
私は絶対音感は無いですが相対音感はあるようです。
一つ基準の音を出せば書けます。
だから手前にピアノがなくともフルートをちょっと触るだけで音がわかります。
もともと私が何か歌を口ずさめばほとんどBbキーです。
当時夜のアルサロ、クラブが盛んでそこでバンドをバックに歌う歌手がたくさんいました。
それらの人のために譜面かいてあげたのです。

ある歌手、明日九州でこの新曲を歌わないといけないので書いて、と言われ徹夜で仕上げることもありました。
一枚のレコードを聴いてサックス、ピアノ、ギターなどずべてフルバンド用に譜面をそろえます。

この技術があるので自分のバンドの曲や編曲でアルバイトもできるのですね。

さて、最初の作曲のことです。

いろんなジャンルを聞いてきたからなんでしょうか?
いや、聞くのは浅いくらいですね。
譜面を書き、演奏してきたからだと思うのですよ。
特に譜面を書いてきたこと、これが足かせのように思います。

何の曲を作っているのかわからなくなったり・・・
対位法で書いてみたりアドリブを書いてみたり・・・・
バラバラです。
作っているときにいろんなことが浮かんで迷うのですね、きっと。
題名を考えればさらにわからなくなりますね。

やっぱり私は編曲の方が向いていますよ。

花は咲く、
がんばっています。

nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

アドリブ練習 [音楽いろいろ]

やらざるを得なくなりました。
若いときは盛んにやっていましよ。
ジャズといえばアドリブ。
やっているときは楽しかったですねぇ。
下は私が勉強していたもの。もう何十年前か。。。。

FL 001_800.jpg

当時フルート用は無いのでトランペット用を購入してフレーズを覚えまくりましたよ。
ジャズの基本中の基本はブルース進行
基本は下の12小節。


C → F7 → C → C7 → F7 → F7 → C → C → G7 → F7 → C → C

FL 006_800.jpg 

どの曲もほとんどこれですね。 
100例あるフレーズを何度も練習して覚えました。
だから楽譜無しでいつでもどこでも楽しめましたね。

これから一歩進んだのが「ビバップジャズ」でした。
これもアドリブばかりですがテンションコードを駆使するようになります。
上のブルース進行よりも個性的で複雑な進行が楽しめました。
そうすればフュージョンにも進めます。
その勉強をするために、

FL 008_800.jpg

何でキーボードの本を?
キーボードを練習するのではありません。
コードを覚えるためです。
またラテンなどは無理やり複雑なコードを使います。
上のブルース進行では追いつきません。

FL 009_800.jpg

ギターの本もあるのですが「TAB譜」と言って指の押さえ方の図が邪魔なのでキーボードの本を買ったのです。
それに専門学校でしたが私が行った音楽学校では少しだけですがキーボードをさせられました。
音楽理論を勉強するのにキーボードは必要とのことで。
今でも少しはコード、押さえられますよ。

しかし上のすべてのコードはすぐに覚えられるものでは無いですね。 
それらをそうとう勉強しないといいアドリブはできません。
アドリブとは即興演奏・・・・ラテン語で「自由に」という意味ですね。

延々と続くアドリブ・・・・一流プレイヤーだから聴けるのですねぇ。
ブルース進行の時はフレーズも覚えやすかったので真似事は出来ましたがビバップになるともう力の差がはっきりと出ます。

はい。
二流以下のプレイヤーは2,3曲で飽きられてしまいますね。

従って、ジャズはというものは、

単なる演奏者の自己満足

に過ぎないと思うようになりました。
それで断念しました。

現在鳥取で演奏会をやっています。
もちろん個性的なロックバンドやジャズバンドではありません。
映画音楽やスタンダードなポップス、スタンダードなジャズ、きれいなラテン音楽を演奏しています。
「きれいな曲」を目指しています。
分野はとても広く、童謡もロックも歌謡曲も分野なのです。
ただただ、「きれいな曲」になるようにすべて編曲しています。
しかし少し違うのはやっぱりアドリブを入れているところでしょう。
これでオリジナルな味付けをしているつもりです。
アドリブとは「自由に」でしたが、自由ではないアドリブです。
ドラムソロまで私が書きます。
音楽とは流れがあります。
ただメロディが美しいだけの曲はすぐに飽きます。
本当に美しい曲は「流れが美しい」と思っています。 
それ考慮してアドリブを書いています。

あらら、自慢話を延々としてしまいましたぁ・・・・すいません!

ええ、言っているほどの曲では・・・(恥) 
目指しているだけで・・・・

で、今日は何を書きたかったの?

そうでした。
断念したアドリブ練習なんですね。
やらざるを得なくなった・・・・

今度のセッションはボサノババンドとしてスタートしているのですが、前々回に書いたように歌手の人がブルースを歌い始めたからです。
あのマリーナ・ショウの Feel Like Makin' Love 、とても上手に歌いました。 
16小節の短いテーマですからアドリブが必要になります。
いよいよジャズの分野に入ってしまいました。

高齢にして、再びジャズ・・・・

今辞退するわけに行かず・・・・

しばらくはやってみます。。。


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

次のセッションは [音楽いろいろ]

予定が送られてきました。
今までの曲と次の二曲が追加されました。
あらかじめ聞いていたので大分耳コピは進んでいますけど・・・
というのは昨年のとき私の耳コピMIDIを聞いてみんなびっくりしていたからです。
とくにキーボードから要望がありました。

送付には簡単ではありますけど譜面も付いていました。
コード譜だけでは無理があるとわかってくれたのでしょうか。
これは耳コピに大変役に立ちます。

One Note Samba
Feel Like Makin' Love

ONE-NOTE-SAMBA.gif 

 

fln2.JPG 

ワンノートサンバは昔やったことがあるので楽ですが、上のFeel Like・・・は異常なコードです。いったいキーは何なのか・・・
曲は知っていたけどこんなに難しかったのかと。
ま、ブルースなので上のキーはEbですけどね。
とにかくこれは耳コピに死にますね~

示された参考ユーチューブ。  


いい声ですねぇ。
この通りするのかどうかは別として叩き台を作りました。
下が私の耳コピ

 

荒っぽいMIDIですが譜面を作るだけの目的なのでいいでしょう。
キーボードのアドリブソロとドラムに役に立つとは思います。

次が難しい・・・・
マリーナ・ショウは昨年ラスト来日しましたね。
ファンの方はしびれたのではないでしょうか。
それで歌手の方がぜひ歌いたいと・・・・




 

いやー、これは難しい!
二回も転調しているし~

15日に梅田で会います。
とにかく打ち合わせてからです。
でも、もうユーチューブと格闘中です! 


nice!(18)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

コード譜で演奏 [音楽いろいろ]

この間のボサノバセッション、参りました。
結果は大成功だったのですが何をやったかわからないままに終わりました。
歌が主役なので私のフルートなんかあってもなかっても良かったのが幸いでしたよ。

1.ウェーヴ
2.ディサフィナード
3.サマーサンバ
4.イパネマの娘
5.リカード
6.オルフェのサンバ

ユーチューブにある演奏を指定されていたのでそれを聞いて自分のパートを採譜すれば良いだけでしたから上記の曲の譜面を自分なりに用意して行きました。

ところが行って与えられたのは、
おたまじゃくしの譜面ではありません。

コード譜

結構腕の良いバンドなのでおたまじゃくし譜面とばかり思っていました。 
まさかのコード譜。

コード譜とは下のような用紙です。

exxxx.JPG 

みんなこんな用紙を持ちます。 
これを見ながら打ち合わせです。
いやぁ、参りました。
私はギターやキーボードではありません。
でもこれだけです。
確かにメロディは歌手が歌うのでオブリガードなどはこれでもいけます。
後の細かいことは覚えてしまうことになります。
それか自分でチェックを入れます。

若いころジャズなどでコードアドリブをしていたから出来ないことは無いのですが・・・

聞けば、相当な腕の演奏家でもおたまじゃくしは読めない人も多いらしいです。
えっ?
音符が読めないままで演奏するなんて・・・・
小学生でも音符は読めるのに・・・
初めは半ば軽蔑・・・ 

下は我がホールドオンバンドの私が書いた譜面の一例です。
汚いですが。

myscore.jpg 

こんな物を渡しても演奏してくれないみたいです。
コード譜だけでは表現できないですよね。 
いや、そんなところは覚えてしまうのです。

・・・・・・・・

あきれました。 

我がバンド曲、今や120曲あります。
全部覚えられない~

若い人は出来るのでしょうか。

考えてみれば、
演奏が上手なら何でもいいのです!
えらそうに言っても、譜面が読めても、下手ならだめ!

考えさせられました。

そして今、
彼らに少し尊敬の念を抱いております。

すごいじゃないか。。。。

よく考えてみれば、
私は譜面が読めるのだからコード譜も十分に出来るようになったら鬼に金棒ですよね。
がんばります。

とにかく私の役割は少なかったので問題なく成功に終わりました。

最後は仲良く朝まで飲んで騒いで・・・・
楽しかったけど後遺症が。。。。。

反省です~ 

 


タグ:コード譜
nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カラオケの達人たち [音楽いろいろ]

昨日いったん鳥取から帰りました。
幸い雪などの天候にはならなかったです。ふつうの冬でした。
むしろ帰った大阪の方が寒いくらいです。

でもすぐ出発。
今度は18日(日)のクリスマスコンサートに向けて。
と言っても鳥取のある町内の行事に呼ばれた演奏会です。
私たちもプレセントを用意してプレゼント交換に参加するわけです。 
こういうのは初めてです。

前回の演奏会から新しいプログラムがあります。
それは、
希望者男女二名、バンド演奏をバックに歌わせてあげることです。
私は、ほんとうは嫌なのです。
すいません。
どうしても歌謡曲、演歌が好きになれません。
でもギャラをもらっている以上演奏会を盛り上げる努力はしないといけません。
これが趣味だけで楽しむ音楽と違うところですね。
仕方の無いことと思ってやっておりますが、お客さんのあまりの喜び方に自分を失いそうになります。
カラオケの達人たち、いっぱいおります。
ステージでバンド演奏をバックに歌うのは夢らしいですね。
鳥取では大きなステージで歌うカラオケ大会がよくあるそうです。
参加料一万円、というようなイベントもあるそうです。
100名以上も参加し、みなさん素敵な衣装を着て歌われるらしいです。
お金を出して歌わせてもらうということですね。
聞いてがっかりするところは、
100名以上も参加するけど観客席にいるのは十数名とのことです。
それは、
みんな自分が歌い終わるとすぐ帰る・・・他人の歌は聴かないそうです。
または身内の者が歌い終わるとさっさと帰るらしいです。

あまり聞きたくないお話です。

私は希望曲のカラオケCDを聴き、歌う方のキーに合わせてバンド譜を書き上げます。
編成は違っても本物のカラオケと同じ演奏になるように書きます。
そして歌う方へ出来上がりの演奏のCDを早めに渡してあげて家で練習をさせてあげております。
それだけではありません。
オリジナルの私の手書きの譜面を記念に差し上げております。
しかも無料です。
私の手間はバンドギャラの内ですから。
だから歌う方は宝くじに当たったように喜びます。

ただし、条件を付けております。

(1) 観客がフラッシュをたいて写真とか撮らないこと。 
(2) 歌が終わってもバンド演奏が終わるまでに頭を下げてステージを降りないこと。
(3) 歌い終わっても演奏会そのものが終わるまで帰らないこと。

特に(2)です。
私が書いた曲はその歌手のための曲です。
カラオケではありません。
曲というものは終わるまでが曲です。
大切な自分の曲と思って欲しいです。
私が手を抜かず書き上げた曲です。
そういう意味でオリジナルの譜面を差し上げています。

しかし、
今回でもう二回目になりましたが、みなさん、すごく礼儀ただしくて感心しました。
達人と言われて何度もカラオケ大会に出ている人でもステージで震えておりました。
やっぱりバンド演奏をバックに歌うのはとてつもない夢だったんですね。
演奏会が終わっても何度も私にお礼を言われます。
気が向かない音楽ではあるけれどやりがいはある仕事でした。

次回も書きます。。。。

kani01.jpgsake01.jpg 

おいしかったなぁ~ 


タグ:カラオケ
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

黒いスティック [音楽いろいろ]

女性ドラマーには川口千里という天才もいますね。
もう20歳くらいになったでしょうか。 
手の回り方はすごいですね。

もっと佐藤奏ちゃんの演奏を見聞きしたかったので昨日あれこれ聞きました。
黒いスティックを持って演奏しているのが多いですね。 
あっ、と。
今では誰もが黒いスティックを持つのでしょうか。
最初に黒いスティックで叩いたのは確かスティーブ・ガッド。
懐かしいバンド「スタッフ」の天才ドラマーでした。
スタッフはフュージョンの元祖と言われています。
スタッフの名前は別としてドラムを叩く人でスティーブ・ガッドを知らない人はいないでしょう。
Gaddを「God」とかけて「ドラムの神」なんて言われています。

そういえば佐藤奏ちゃん、どこかガッドに似たフレーズを感じました。
特にラテンっぽく感じるところが。

素敵な演奏はいっぱいありましたがこれを選びました。





 

いやぁ、すごいです。
一曲目はスィングジャズですが二曲目はラテンサンバ。 
フュージョンでカウベルを叩き、ラテンっぽく響かせたガッドを思い出します。 

続いてガッド。
そういえば明日(12月4日)からガッドバンドが来日だったんですね!
グッドタイミング!
ブルーノート東京であのキーボードの名手ケヴィン・ヘイズを従えての演奏。
すでに多くの方が切符を手に入れられたことでしょう。
71歳のガッド。
今回で最後かもしれません。
私は実況録音版でもいいから手に入れたいです。 






1984年とのことなので相当古いですけどね。
これもすごい。
黒いシャツに黒いスティックに黒く見えるカウベル。
これがガッドなんですねぇ。
叩きまくるだけでないです。
歌っていますね。

ところでガッド・ギャング、スティーブ・ガッドのことを教えてくれた人、

あの人、

キヨ・・・・

あ~ぁ会いたいなぁ~ 

今頃どうされているのかしら・・・・

私は今でもあれを聞いていますよ~

リチャード・ティとの名演!

A列車で行こう 





 
 
 

nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ドラム [音楽いろいろ]

私は叩けないけどドラムが好きです。
ドラムとはリズム楽器なのでメロディはありません。
しかし上手な人のドラムは歌っているのですねぇ。
幸い私の友人はドラム。
長い間いっしょにバンドをして来て見聞きしてきました。
そしてパート譜面も書いてきました。
耳コピもしてきました。
そのおかげでしょう。
DTMの打ち込みは苦も無く出来ます。 
ドラムの叩けない人が打ち込んだDTMはすぐにわかります。
こういうと失礼なのですが単なるメトロノーム。
仕方ないと思います。
メロディが出来ない楽器で歌え、というのが。

リズム楽器が歌っているように聞こえる・・・とても素敵なことです。

佐藤 奏

13歳の天才少女です。
天才少年、少女はいっぱいいます。
今までたくさんのドラマー、聞いてきました。
でも大人になっても一流なのはそんなにいませんね。
二十歳過ぎればただの人。。。。
これは天才少年や少女によく言われる言葉です。
なぜかというと、
子供のときは教わったことだけをきちんとしていれば済みます。
子供はそういうことがうまいです。
ある意味では子供はみんな天才なのです。
しかし天才と言われても教わったことだけが出来ても一流ではありません。
実際のプロの演奏は創造の世界です。
自分の世界をどう創れるか、です。

この少女は、
期待できます。
下に一つだけユーチューブを載せます。
これは街角に置いてあるドラムセットに遊び半分で近づき、慣れない手つきで叩きだした少女の様子からのビデオです。
通る人がチラッと見ながら通り過ぎていきます。
ところが、
ま、見てください。





 

それに可愛いですねぇ。
演奏は演奏力も大切ですが演奏する姿も大切。
姿勢、衣装、表情、すべて演奏です。
やはりワールドグランプリを取ってしまう子は違うなぁと思いました。

 

さて、長浜の続き。

長浜観光は日帰りだったので全部見れませんでした。
長浜城だけでも400円。
だからパスポートブックを観光案内所で購入。

 

 

パスポート.jpgpas2.jpg 

有効期間はほぼ一年なので何回でも使えますよ。 

下は来年の梅盆パスポート。

pas3.jpg 

寒くともぜひ行きたいと思います。

 


nice!(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

最近の私の音楽いろいろ [音楽いろいろ]

この歳になってもまだ働いていますがたぶん9月一杯で終了です。
生涯仕事を持つ、というのが自分の信条だったのですがね。
しかしその可能性はあるかも知れません。
某音楽教室の生徒さんからの譜面を再び受けることにしたからです。
4年ぶり。
期限なし、で受けることにしました。
フルートを吹くよりも音楽を作る方が好きなのですから文句はありませんよね。

次にバンド活動です。
第19回定期演奏会は9月15日に決定。
バンドマスターが入院したため危ぶまれましたが無事退院して練習も出来ております。
キーボードを除いてみんな高齢なのでいつどうなるかわかりません。
だれか一人が欠けたら「ホールドオン」バンドは解散することになっています。
あと何回やれることやら。
もし私たちの演奏会を見たい、という人がいたなら今のうちですね。
でもいないか。。。親戚にその話をしてもあまり乗ってきませんから(笑)

次に高齢の、もとい恒例の「MIDIでお題拝借」の製作です。
次は第73期になりますが、次のテーマは難しい、というご意見がありました。
下です。

d73onp.JPG 

ほんとです。
何気なしに作ったのですが、いざ始めようとすると私も困りましたよ。 
二小節目が問題です。
ただの「B音」なら問題は無いのですが「Bb音」だからです。
これに関して言うと、

第二小節目はすべてのコード(24コード)が使用可能

これがジャズを始め、現在のコード感覚です。
日ごろの自分の感覚であっさり作ってしまったのです。

ジャズを作るなら簡単なのですが素直(?)な曲にしようとすると難しいかもしれません。
特に次回の発表は一月、お正月です。
私も何か「明るい素直な曲」にしようと思ったのですが・・・・・ 簡単ではない・・・
それで私も困っているのですよ。

もし、変更を希望される方が多ければ変更したいと思います。

とりあえず私は8小節だけ進みました。 


nice!(13)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | - 音楽いろいろ ブログトップ