So-net無料ブログ作成
検索選択
たわおと ブログトップ
前の8件 | -

いつかまたきっとね [たわおと]

昨日「第69期MIDIでお題拝借」を発表させていただきました。
慎重にチェックしたつもりでしたがやっぱりミスはありましたね。
とわとわさんの曲「 Lavender 」を「 Laverder 」と表示しておりました。
お気付きの方もいらっしゃったことと思います。
ご指摘を受ける前に訂正できてホッとしております。

さて、
私の曲の紹介です。

いつかまたきっとね

この種のタイトルっていっぱいあるのですねぇ。
「また逢う日まで」、「また会おうね」、「いつかまたね」、「いつかきっとね」・・・
どうにか同名でないタイトルに。
ということで、そのような意味の曲にしたつもりです。

ところで今回の「お題」は私が提供させていただきました。

69.JPG

 

何気なしに出したのですがちょっとひっかかります。
ひっかかるのは私だけかもしれませんのでここのところは飛ばしていただいてけっこうです。
音楽は理屈でなく聞いた感じが大切ですからね。

上の図の音符は、
「*ソラシ l *ドレミ」となっています。(*は4分休符です。)
しかし音を聞けば、
「*ドレミ l *ファソラ」に聞こえます。

どちらでもいいのでしょうが両方には大きな差があります。
下の方が自然かもしれません。
私は仕方なく上の方を使いましたが、図に#を一つ付ければト長調の「*ドレミ l *ファソラ」にはまりますね。
図のままにするなら、
ハ長調でスタートです。
コードで言うなら「C」でスタート。
ならば二小節は両方とも「C」か、「C→Am」のような形になります。
どちらも好きな進行ではありませんし、一小節目の最後の音「シ」が気になります。
けっこうこの音にアクセント感があります。
私はコードにこだわるタイプなので困ったと言う次第です。

と、大したことのないことでこだわったかもしれません。
音楽は聴いて良ければすばらしい音楽。
みなさんはどのように使われたか詮索するのもヤボ。

ということで、
前置きが長くなりました。

ではお聞きくださいね。

お聞きいただき、ありがとうございました。


日曜日にでも他のみなさまの曲の感想を述べさせていただきますね。


タグ:MIDI
nice!(11)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フルートの優しさ<コラール三番> [たわおと]

お待たせしました。
第66回MIDIでお題拝借コーナーへの投稿曲です。
右のカテゴリにある「MIDI投稿募集」です。

しかし、発表したVSC用のデーターに間違いが二つあります。

一つは、
バッハのマタイ受難曲からのコラールでなく、同じくバッハの「クリスマスオラトリオ」からの一番目のコラールでした。
謹んで訂正します。

二つ目は、
肝心な展開部で男声の低音のつもりが「マリンバ」の音色になっていた・・・・
SD-90からVSCにするのにあわてていたのですね。
これも深くお詫びします。

もう一つ、
間違いではなく失敗!
肝心のSD-90の完成データーは紛失。
やっぱりVSCで上書きしてしまったようですね。
普通はそんなことは無いようにバックアップしながら作業するのですがメインのSD-90用のパソコンがアウトになったため移行中に間違ったようです。
悔しいですが仕方ないです。
自分のおろかさを責めていても何も進みません。
急遽昨日編集のやり直しを試みました。
が、
逆は難しい!
結局フルートのパートは・・・・
打ち込み出来ずアナログ・・・・・恥を忍んで・・・・・

 

では、
まずアレンジしたバッハのクリスマスオラトリオのコラール一番です。

  
私の手元のメモには、
Ermuntre dich,mein schwacher Geist
とありました。

これを下のようにアレンジしました。
コラール三番、とは私が手がけたコラールで三番目ということです。

フルートの優しさ<コラール三番>

 

中間の男声、女声の部分が最初に思いついたフレーズです。
だんだん極端なアレンジでなく原曲になじんだアレンジになってきたように思います。

一番目、
「時にはコラールのように」
むちゃくちゃでしたね。

二番目、
「フルートの喜び」
ここからまじめにやったかな・・・

そして三番、
もう大分SSWのスコアスクロールに慣れました。
テンポが絶えず変化するのに着いていくのは自分が書いた曲でも大変ですね。

ということでお粗末でした。

大変申し訳ありません。
第66回の皆さんの曲の紹介と感想は鳥取から帰ってからになります。

それではお楽しみに♪

 


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

フルートの喜び<コラール二番> [たわおと]

さてお待ちかね、第65回MIDIでお題拝借コーナーが発表されました。
はい、コマーシャルで~す。
いつもありがとうございます~

HOLDON140531_001.jpg

 

いつもの茜音さんのコミックです。
それにもあるように、今回は締め切りが一ヶ月延長されました。
XP問題に限らずみなさん、いろいろあったようでした。
さっそくお聞きになりたい方は右サイドにある「MIDI投稿募集」からお入りください。
いつものことですが、投稿曲には作者の著作権がございますのでお取り扱いにはご注意をお願いいたします。

さて、
私の曲です。
一ヶ月も延長していただいたのに手抜きな曲でございます。

フルートの喜び<コラール二番>

最近はフルートの曲ばかりです。
やっぱり自分が吹いてみることを意識しております。
バンド活動がなければ昔のように演奏を意識しないで自由なDTMを作るでしょう。
もっと、演奏を超えたDTM・・・・それが私の思うDTMです。
DTMだからこそ・・・・そんな曲作りを願ってきました。
でも今はほとんどそれを捨て、バンド活動に最後の生き甲斐を求めております。 
どうしても演奏を意識した曲になってしまいます。

バッハの素敵なフルート曲はいっぱいあります。
昔は練習で何度も吹いていたのですが今は吹けません。
すっかりクラシックの吹き方をやめてしまったからです
二十年ぶりになってしまってはだめですね。
早急にバンドに間に合わせる・・・・その結果です。
ではどう違うのかというと、
タンギング方法、ブレス方法、ビブラート、運指法などです。
詳しくはいずれ書いてみたいです。

さてバッハの曲でもオラトリオなどにあるコラール,レチタティーボは以前から興味を持っておりました。
厳格なバッハの様式を意識しない曲だからです。
私流にやれる・・・・そう思ったので今までも何曲かはアレンジなどしてきました。
今回もそれです。

クリスマスオラトリオにある二番目のコラールは、実は昔に打ち込んでいます。

この記事です

このときはSD-90という音源で作っていたのです。
それをそのまま利用しようとしたのが遠回りでした。
お題曲はSD-90では誰もが聞けないのであれこれ変更しながらやったのですが何度も変になってしまって・・・
最初からVSC用に打ち直した方が良かったですね。

下の音楽はそのSD-90の曲です。

 

いずれ吹いてみたいですね。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

続・編曲トロイカ [たわおと]

フルート練習で悶々としておりますがまた出てきました。

前記事の編曲トロイカよりも3,4年古い編曲です。
余りにも下手で俗っぽいので消え去っておりましたがこれの方が編曲らしいと言えます。
記録として載せておきます。

後日下の記事に追加します。


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

秋の日差しを浴びて [たわおと]

最近ちょっとした仕事でもバテるようになりましたね。
それに風邪。
何かにつけて不調です。

さて、
恒例の「第63期MIDIでお題拝借」が発表されました。
詳しくは私のブログの右中ほどにある「MIDI投稿募集」をごらんください。
そしてこれも恒例、そのコマーシャルコミックです(笑)

HOLDON131031_001.jpg


茜音さん
のコミックでした~
いつもありがとうございます~

もう一つ、恒例の感想記事はもう少し後になります。
追われていることが多くて。。。すいませんです。

とりあえず私の作品だけをご紹介します。

秋の日差しを浴びて

始めは「秋の日差しがあたる家」でした。
これの方が良かったかなぁ。
<日差し>もイマイチな表現かと。
でも曲想は二小節モチーフを書いたときに決めましたのでイメージは出したつもりです。
とにかく下です ↓


ファイルダウンロードは、ココです。(約3Mバイト)

愛用のパソコンで下書きしていましたが突然の故障で不十分なバックアップだけで再スタートしました。
今回は断念しようと思ったのですが旋律は気に入っていたので何とか形にしておきたかったのでがんばって投稿しました。

前回は未完成投稿。
連続で未完成投稿なんて情けないですよね。

はい。
とにかくトラックを這いながら完走だけを果たしました。
棄権せずによかった・・・・それだけです。

お題の消化もイマイチ。
展開も単調。
DTM力もイマイチ。。。

それが今回の私の作品でした~

はい。
楽しみは他の皆様の作品。
もう少しお待ちください~


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

完成 [たわおと]

第62期MIDIでお題拝借コーナーへの投稿曲です。
未完成のまま投稿していた曲です。

渚の夕べはビギンで


ダウンロードはココです。(4.9MB)

忙しい最中でしたが時間が経ち過ぎると抱いていたイメージを忘れてしまいそうなのでがんばりました。

もう次期のお題に向かっておられるお仲間さまにとっては興ざめでしょうが、お時間があれば聞いてやってください~

この記事は以前の「渚の夕べはビギンで」に結合して完成記事にしたいと思っております。

 


nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

渚の夕べはビギンで [たわおと]

<完成曲は最下部にあります(9月11日記)> 

きちんと仕上げたかったのですが追いつきませんでした。
第62回MIDIでお題拝借」の投稿曲。
いや、意欲の欠如でもありましたね。
もともと私は時間があっても他の事に気が取られるとだめです。
自分で吹くフルート曲にしたかったのでいずれ必ず完成します。

不十分な曲なのでここに詳しく発表するのは気が引けます。
でも投稿した限りは責任を持つべきでしょう。
ということで恥ずかしながら少し解説を付けます。


ダウンロードされる方はココ (約3Mバイト)

お題のテーマは短調の曲にするのが自然でしょう。
短調という調、私には不完全な音楽に聞こえてしまいます。
それは音階を表現すればわかるでしょう。
上がっていく音と下がっていく音が違う・・・・
ここで詳しく述べませんが短調の難しさの一つと言えます。
それで私の音楽はそのまま短調で進むことはありません。
曲の中心は長調です。
もっともクラシックや有名曲のアレンジでの短調とかはそのままですがね。

ということで、
お題を長調にしてスタート。
このままでは反則に近いので間奏で短調そのままを使います。
でも元が長調なので進行は長調に向かうコード進行です。
私が使う短調はこの進行が多いです。

リズムは得意のビギンと言わせていただきましょうか。
ラテンでも大人のムードが優しく響きます。
さて、
「渚」を思いついたのは途中です。
ビブラフォンを使っているうちに感じました。
最初から題名を思って作っていった曲ではありません。
自慢と言えばパーカッションの使い方かな。
ラテンのバンド演奏を得意としているなら当たり前でしょうがね。
ベースも少し変わった使い方をしています。

不完全曲なのに御託を並べました。
いづれ完成させ、吹いてみたいと思います。

第62期お題曲全曲の感想
これが楽しみですね。
8月11日(日)にじっくりと楽しませていただきます~

 

追記:9月11日

完成曲です。


ダウンロードはココです。(4.9MB)

やっぱりビブラフォンと隠し味に使っているグロッケンに渚を感じております。
練習してフルートを吹いてみたいです。

 


nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

心に語るままに [たわおと]

あ~ぁ今日も仕事。
年度始めのいろんな用意のチームに選ばれたからですが若い人たちのため・・・喜んでしております。

それにしても冷えますねぇ。
気温が上がらず植えた苗も元気がないです。

いや、そんなことを心配している場合じゃないですね。
恒例の「第61期MIDIでお題拝借」が発表されました。
詳しくは私のブログの右中ほどにある「MIDI投稿募集」をごらんください。

お題61期.jpg

 

ということで茜音さんのコミックでした~
実はこのコミック、意味があるのですよ。
猫ちゃんが寝てしまっていますね。
どんな意味があるかは下の私の投稿作品を聞いていただいたらわかります。


心に語るままに


ダウンロードはココです。 (約2.9Mバイト)

ついこの間「催眠進行コード」なる記事を書きました。
    ↓ です。
http://holdon2.blog.so-net.ne.jp/2013-03-29

そこで書いた「催眠進行」を「お題拝借コーナー」でやってみることにしました。
催眠進行コードのきっかけは上の記事でご覧ください。

T → S → T → S ・・・・

これが私の言う催眠進行コードでした。
T とは和声表記でいうと「主和音」、S とは「下属和音」です。
調が「C」だと下属和音は「F コード」や「Fm コード」などですね。
これで茜音さんのコミックの意味がわかっていただいたと思います。
もっとも S(下属和音)は他にもかなりありますがね。

ということで、
私の作品の紹介です。

自然界の音を入れると音楽療法に効果がある・・・
これも「音楽療法」のブログ記事で書きましたね。
それも利用させていただきました。
そして調は短調になります。
前半は私が例として示したメロディを、後半に「お題」のテーマを使っています。
使用音色はグラス系(そっと薄いガラスのコップを撫でたときに出る音)やオカリナなど。
音楽療法に効果がある音色は倍音系らしいです。
グラス系が一番よく、次にオカリナやフルート、クリスタル系と続きます。
したがってそんな音色だけで作りました。
そして規則どおり一番最後だけ「属和音(ドミナント)」を使いました。

催眠効果が本当にあるのかどうかはお約束できません(笑)
でもあるとしたらこの進行が一番、と信じております。

試してみてください。
もう一度下にプレイヤーを載せます。

これを聞きながら、
だんだんお腹が温かくなる~」を繰り返して心に語りかけてください。
聞き終わったあと本当にお腹が温かくなっています。
うまくいかなかった人は何回も試してみてください。
温かくなったら催眠効果を体得しています。
その後は自分の思う人間像を心に語りかけてください。
たとえば、いつもイライラする人は、
「穏やかな気持ちをいつも持っている・・・」などと語りかけながらこの音楽を聞いてください。
これで自己催眠をマスターすることでしょう。

みなさん、私と共にがんばりませんか。


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
前の8件 | - たわおと ブログトップ