So-net無料ブログ作成

白ゴーヤ [私の園芸]

今日一日ゆっくりできますので思い切って書きますね♪

昨日で一段落しました。
今度の新しいバンドは「AOR(Adult Oriented Rock)というジャンルになります。
確かに大人っぽいですが私にはやっぱりやかましい曲が多い・・・・
今後も参加するかどうかはペンディングにしました。
ボサノババンドは続けます。

★ 今後の予定(直近三回)

  9月 3日 : ボサノバセッション
  9月 7日 : 鳥取定期演奏会
  10月20日 : 鳥取秋祭り


★ 譜面
  某教室の生徒さんの音楽発表会用の譜面作りは休止しました。
  聞いた話ですがJASRACが訴訟を起こしています。
  私は今は教室とは無関係部外者ですが収入を得ていたゆえ当分避けることにしました。
そのかわり・・・

★ 新しい仕事
  増やしたくないのですが喜ばれるとつい・・・・
  フルートの修理!
  と言ってもタンポ調整が主です。
  自分のフルートを修理調整している間に修理レベルまで達したようです。
  長く生きているといろんな事が起こるのですねぇ。

FL25n.jpg



お待たせ、白ゴーヤ

sirogoya01.jpg

2,3日後収穫して食べますね♪
これは苦味が少ないのでサラダで食べられる、というので楽しみです。
右にもぶらさがっていますよっ。

つぎつぎと・・・・
いっぱい出来そうです。

sirogoya02.jpg
sirogoya03.jpg

いやー、元気そうですねぇ。。。
う、う、うらやましい~~~

えっ?
これ雄花じゃないですよ、雌花ですよ!
 ▽×★><&▲×〇!>#~■℃<☆Г&・・・・




タグ:白ゴーヤ
nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 30

コメント 2

Clara

音楽教室と著作権の問題は難しいですね。
法的には公共の教育施設において敎育のために使う分には許諾が要らず、ただし、卒業式や始業式、文化祭などではすべての分野(音楽にかぎらず美術や商標まで・・・)で許諾が必要とのことです。
クラブ活動の発表会であっても聴衆がいる限り敎育の範疇を超えているというのが裁判所の考え方のようなので運動会のBGMのレパートリーが少ないのは著作権料の問題があるからです。

ここで音楽教室は小中高校などの公共教育施設に当たるかどうかと言われれば、難しいと思います。
本来は音楽教室の発表会やレッスンで著作権物を扱っていいという法案を作るように今まで運動をしてこなかった教室側にも落ち度があると思います。

私の知り合いの音楽教師は市立中学校と県立高校にいますが、コンサート本番及び練習時間に於いても面倒ですがきちんと全曲の許諾を得ているようです。

先生曰く学校が法を犯したら遵法など生徒に教えられないからと言いますが、このような遵法精神旺盛な学校は少ないようで、楽曲教育現場でも著作権無視を慣例的に行っている実態がああリ、教室(レッスンも含む)だけ訴えられるのは不公平という意見がありますが、それはそれで異議として申し立てるもので、だからといって違法であるからといって見逃すわけにもいけないでしょうね。

一方でJASRACのような大手協会はこのように方に訴える手段を取れますが、JASRACなどに委託していないものの場合、個人が多く委託料も勿体無いので委託していないものがありますが、親告罪のため、本人が訴訟の時間と費用を捻出して告訴しないと警察が取り締まってくれない現状も不公平ということで、誰もが訴えることが出来る非親告罪化が国会で議論されていることは何故かマスコミは言いませんが、何度も遡上に登っています。

反自民党国会の混乱のお陰で時間切れで法案の提出が出来ないまま何年も通過していますが、国民がまず法律を守らないと本気で非親告罪化されかねません。

ということで・・・・これは音楽教室側や楽器店などの「まあ。いいんじゃない?捕まらないっしょ」って何十年も過ごした自業自得と思っています。

とまあ、ここまでが私の見解ですが、恐らく書き間違いえて意味を逆に書いたり、語彙不足で意味不明になっていたりすると思いますし、100人が100人とも意見が異なるのがあたりえで、そのために多数決(衆参選挙)・法律があると思っています。

まずは従って、不服は署名活動や支援団体に訴える・・・というのが筋と思っています。

これが出来ないと韓国のような法よりも民心が優先される国になってしまうと考えます。

真面目な話ですみません。
(不適切と思いましたら削除してくださいね♡)
by Clara (2017-07-24 15:14) 

Clara

ところで・・・・

我が家ではどんな種類のゴーヤもだめで・・・
こうしたら苦くないという調理法も駄目でした。

家族全滅です(笑)

あのネバネバとした納豆、我が家で食べられる人と食べられない人が半々なんだけどゴーヤだけは・・・

キムチも嫌いな人が多くてキムチ鍋は10年の間で1回しか・・・(-_-;)
ダンナ曰く。日本人ならキムチ鍋じゃなくてすき焼き(すき鍋)だろう。白菜なら浅漬がいちばん!」と。。。。

色んな意味でこだわりがあるようです。
(我が家の台所と老化を隔てている暖簾は夫と我が家の家紋をまるで時代劇のように大きくあしらっています・・・何もそこまでこだわらなくても・・・・・)
by Clara (2017-07-24 15:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました