So-net無料ブログ作成
検索選択

フルートの喜び<コラール二番> [たわおと]

さてお待ちかね、第65回MIDIでお題拝借コーナーが発表されました。
はい、コマーシャルで~す。
いつもありがとうございます~

HOLDON140531_001.jpg

 

いつもの茜音さんのコミックです。
それにもあるように、今回は締め切りが一ヶ月延長されました。
XP問題に限らずみなさん、いろいろあったようでした。
さっそくお聞きになりたい方は右サイドにある「MIDI投稿募集」からお入りください。
いつものことですが、投稿曲には作者の著作権がございますのでお取り扱いにはご注意をお願いいたします。

さて、
私の曲です。
一ヶ月も延長していただいたのに手抜きな曲でございます。

フルートの喜び<コラール二番>

最近はフルートの曲ばかりです。
やっぱり自分が吹いてみることを意識しております。
バンド活動がなければ昔のように演奏を意識しないで自由なDTMを作るでしょう。
もっと、演奏を超えたDTM・・・・それが私の思うDTMです。
DTMだからこそ・・・・そんな曲作りを願ってきました。
でも今はほとんどそれを捨て、バンド活動に最後の生き甲斐を求めております。 
どうしても演奏を意識した曲になってしまいます。

バッハの素敵なフルート曲はいっぱいあります。
昔は練習で何度も吹いていたのですが今は吹けません。
すっかりクラシックの吹き方をやめてしまったからです
二十年ぶりになってしまってはだめですね。
早急にバンドに間に合わせる・・・・その結果です。
ではどう違うのかというと、
タンギング方法、ブレス方法、ビブラート、運指法などです。
詳しくはいずれ書いてみたいです。

さてバッハの曲でもオラトリオなどにあるコラール,レチタティーボは以前から興味を持っておりました。
厳格なバッハの様式を意識しない曲だからです。
私流にやれる・・・・そう思ったので今までも何曲かはアレンジなどしてきました。
今回もそれです。

クリスマスオラトリオにある二番目のコラールは、実は昔に打ち込んでいます。

この記事です

このときはSD-90という音源で作っていたのです。
それをそのまま利用しようとしたのが遠回りでした。
お題曲はSD-90では誰もが聞けないのであれこれ変更しながらやったのですが何度も変になってしまって・・・
最初からVSC用に打ち直した方が良かったですね。

下の音楽はそのSD-90の曲です。

 

いずれ吹いてみたいですね。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 6

コメント 4

はげちゃん

いやあ、メールにも書きましたけど、こうやって何度聴いても、HOLDONさんって、美しいメロディメーカーなんだなあ、と思いますね。

とくに、ややゆったりとしたテンポで、そしてフルートとなると、いちだんとその感が増しますねえ。

とくに前半は、ほんとにバッハを美しく飾ったというような感じで、うっとりと聴かせていただきました。

後半は、生まれ変わったバッハみたいで、ちょいと現代風な味付けで、これもすてきですよ。

でも、お題に参加できてよかったですねえ。
HOLDONさんは、やっぱり中心人物ですからね。

ほんとに、すてきな曲です。

by はげちゃん (2014-06-05 09:01) 

HOLDON

>はげちゃん、
何度もご感想いただき、ありがとうございます。
手抜きというのは、前半のメロディはそのままコラールからなのです(汗)
きれいなはずです。
後半に変化を付けましたが満足ではありません。
でもアレンジという意識無しで聞いていると素敵な曲ですね、確かに(笑)

いつものことですが、
同じ参加するならもっと力を入れないとだめですね。

次回がんばります~
by HOLDON (2014-06-05 18:15) 

U-Ma

伴奏は柔らかく控えめで、
フルートの美しい旋律が際立ちますね。
コラールの美しさを引き出しつつ、
後半はHOLDONさんらしいアレンジも加え、
魅力的な一曲に仕上げましたね。

うちにはSD-20がありますが、
ディレイも使えないほどエフェクトが貧弱なので、
SD-90の曲をちゃんと再生するのは難しいでしょうね。
音は良いんだけど、鳴り物入りで登場した割に普及しなかったですね。
by U-Ma (2014-06-08 18:10) 

HOLDON

> U-Ma さん、
お聞きくださり、ありがとうございます。
気に入った曲は打ち込みもうまく出来ますね。
でもSDー90で打ち込んだ後VSC用にするのが大変でした。
曲としては後半のアレンジが無ければバッハそのもの。
辛うじて発表曲になった次第です。

SDー90はステージ演奏のエフェクターにも利用できるくらいですのでやっぱり優れものですね。
MIDIだけ、となれば私には宝の持ち腐れになるところでしたよ。
SDー20の他にSDー80というのもありましたが演奏用にはだめなのでやっぱりSDー90。
昔、友人と私の持っていたSCー8820と交換して手に入れたのですが使いづらい音源でした。
当時まさか演奏用に使うなんて思ってもみなかったですが、今となって大変な儲けものとほくそ笑んでおります。

あ、みなさまの投稿曲、週末にでも聞かせていただきますね~



by HOLDON (2014-06-09 07:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました